2006年02月

2006年02月23日

デマルコ『ゆとりの法則』3

 可用性とは離れますけど、前に触れたデマルコに関して。

 おととしにデマルコが来日した時、かくゆう私もミーハー根性丸出しで講演を聞きにいってサインまで貰って来ました。
 その時にサインを貰った『ゆとりの法則』をパラパラめくってたら、管理されることを嫌うエンジニアを、聖書の創世記のアダムとイブの話のイブに例えた下りが目にとまった。

イブは、人間の尊重すべき資質をすべて備えている。抑えきれない好奇心、勇気、権威を恐れない豪胆さ。なによりも自分自身の成長に意欲的であり、少しだけでなくすべての約束を果たそうと決めている。
 イブの「堕落」の話を思い出してほしい。神は、楽園のものはなにを食べてもよいが、ただ一つ、善悪を知る木の実は食べてはならないと言い渡す。この木の実はそもそも食べ物ではなく、「理解」である。それを食べれば、知るべきではないことを知ることになり、楽園から追放される。
 これに対するイブの態度は「おことわり!」である。自分自身の成長を狭い枠の中にとどめるつもりはなかった。イブは木の実を食べ、その結果を受け入れる。私も同様の立場に立ったとき、同じような勇気を持てたらと思う。」(下線筆者)

 いかにもソフトウェア開発の現場でのヒューマン・ファクターの重要性を一貫して主張してきたデマルコらしい文章で、何か自分のことを言われてるような気がして、ぐっとくるものがある。
(しかも、これは何もソフトウェアやコンピューターに限った話ではなく、クリエイティブで創造的な職業すべてに当てはまる。そしてクリエイティブでない職業なんて実は存在しない。)

 もっとも、宮仕えの悲しさというか何というか、ただ言われたことに歯向かっているだけでは仕事は進まない。そこのバランス感覚というものも必要だ。
 先の「ダンプが必要なOSを作った覚えはない」についても、色んな人のブログを見てると「これが、これからの新しい設計思想なんだ!素晴らしい!」とかただ讃美するだけのバカがいて、本当にどうしようもない。人知れず世の中を支えているLinuxシステムもあることが分かっていない。そんな人は本当にクリティカルなシステムに関わったことがない日曜プログラマなんだろうな。

2006年02月09日

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて1

 このブログの趣旨からは少し外れますが、「虚業」とか言われて叩かれてるライブドアが「意外(?!)」と技術系であることを援護する記事をいくつか読みました。

ITmediaニュース:こんな時だからこそ安定したサービスを」――ライブドアの技術者魂

はてなCTO伊藤さんのブログ「ライブドアの技術の話」

ライブドアが意外と技術系っぽいことについて - 圏外からのひとこと
ライブドアが普通に技術系であることについて -- 圏外からのひとこと

404 Blog Not Found:TVではかき消せない、permalinkの威力

 一般の新聞や週刊誌では虚業だ何だって論調が目立ちます(確かに発行株式とか時価総額は大分水増しされたものだったけど)が、ライブドアの技術陣は地道にそして先鋭的にウェブビジネスのインフラを構築し運用しているのだ。偉いんだ!って記事です。

「自社でサーバーを設計するなどレイヤ0から独自の技術を持っており、連日のテレビ放映による影響でも落ちないサイトを維持し、オープンソースの自社製フレームワークで大規模なサイトを超短期で構築して自分たちで運用している。オープンソースのライブラリ開発者、メディア執筆者を多数輩出した企業であり、特に Lightweight Language を活用するウェブプログラマに与えた影響は非常に大きい...ライブドアはそういう技術的な側面を持っている企業です。(中略)
一日何億もあるページビュー、何万というトランザクションをエラーを出さずにさばき続けるのにいったいどんな技術が必要か、想像したことはありますか。」(上記伊藤さんのブログ)

「だから、「中の人」として「数の暴力」に対抗する方法は、サービスを遺漏無く走らせ続けるという点に尽きる。「止めぬが勝ち」であり、そして価値なのだ。どんなOBの証言より、そのことは雄弁なのだ。少なくとも、「東証は止まったけどうちのサービスは止まりませんでしたよ」ぐらいは、言う資格があると思う。」(404 Blog Not Found)

 私も可用性には設計やら日頃の運用が大切だとか偉そうなことを書いてますが、会社的にも個人的にも大変な時期なのに、こうやって大規模なサーバー群をノーダウンで維持し続け黙々と仕事を続けているエンジニアたちの事を考えるとすごく偉いなと思って、ちょっと涙が出てきます。(少しプロジェクトX風)
 正直、今までライブドアが技術的にどうかとか余り評価してなかったんですが、24/356システムを維持している方々の技術力と努力を分かってないのは私自身でした。かなり反省です。
 広い意味でのIT業界の端くれにいる人間としては陰ながら応援しちゃいましょう。
 そういえば、このサーバもほとんどタダみたいな金額で使わせてもらってるんだから、もっと応援しなくちゃね。

 堀江さん自身、本当は経営オンチの技術屋さんで、そんで変な方向に行っちゃったんじゃないでしょうかね。