2005年11月19日

可用性とセキュリティ

 名古屋証券取引所で11/4にシステムが起動できなかった件も、人為ミスが原因のようだ。

富士通がまた原因、陳謝

 名古屋証券取引所で4日午前の取引を停止させたシステム障害は、システム管理を委託されている富士通の関連会社社員が前々日にシステムの終了処理をした際、パスワードの入力を誤ったことが原因とわかった。(YOMIURI ONLINE)

 セキュリティも、やりすぎは考え物ということか?
 いや、人間が誰しもがミスを犯すものと考え、あらゆる自体が起こり得ると想定していれば、こんなことにはならなかっただろう。

 パスワードを変えた後の変更手順はどうなっていたか?
 次回にシステムを立ち上げる人が立ち会わなくて良かったのか?
 パスワードが分からなくて起動できない場合の対処方法は考えてあったのか?

教訓:何も仮定するな

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔