2006年01月25日

オープンソースの品質2

以前、Linuxのビジネスユースに関して、オープンソースコミュニティーとの品質に関する認識論的切断(!?)について触れましたが、もう少し考えてみました。
私は仕事柄、海外(米国&ヨーロッパ)のソフトウェア開発者を相手にする機会があるのですが、彼らは割といい加減というか良い加減で、再現しないんならいいじゃないかとか、回避できればいいじゃないかとか良く言います。(プロセスの見直しはやって欲しいんですが・・・)

実際、ドイツなんかだと2000年問題の時も、まぁ手を尽くしてダメだったらしょうがないじゃないかというのが社会的コンセンサスになっていて、日本ほどピリピリしてなかったみたいです。
オープンソースコミュニティーの感覚に近いですね。

日本では過剰に品質を求めすぎるのかもしれません。

「ピープルウェア」や「ゆとりの法則」で有名なデマルコも、おととし日本に来た時の講演で過剰な品質は必要ないと言っていました。
「効率化しすぎると、作業が遅くなり変化にも対応できない」とトム・デマルコ氏――“デブサミ2004”開幕
「“早さ”と“クオリティー”の過剰な要求は開発者やその企業をダメにする 」なんだそうです。

デマルコに関しては、こんなブログも御参考。

ただ、ディザスター・リカバリーとか業務継続の分野だとどうなんでしょうね???

kxa00121 at 12:57│Comments(0)TrackBack(0)四方山話 | Linux

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔