四方山話

2006年02月23日

デマルコ『ゆとりの法則』3

 可用性とは離れますけど、前に触れたデマルコに関して。

 おととしにデマルコが来日した時、かくゆう私もミーハー根性丸出しで講演を聞きにいってサインまで貰って来ました。
 その時にサインを貰った『ゆとりの法則』をパラパラめくってたら、管理されることを嫌うエンジニアを、聖書の創世記のアダムとイブの話のイブに例えた下りが目にとまった。

イブは、人間の尊重すべき資質をすべて備えている。抑えきれない好奇心、勇気、権威を恐れない豪胆さ。なによりも自分自身の成長に意欲的であり、少しだけでなくすべての約束を果たそうと決めている。
 イブの「堕落」の話を思い出してほしい。神は、楽園のものはなにを食べてもよいが、ただ一つ、善悪を知る木の実は食べてはならないと言い渡す。この木の実はそもそも食べ物ではなく、「理解」である。それを食べれば、知るべきではないことを知ることになり、楽園から追放される。
 これに対するイブの態度は「おことわり!」である。自分自身の成長を狭い枠の中にとどめるつもりはなかった。イブは木の実を食べ、その結果を受け入れる。私も同様の立場に立ったとき、同じような勇気を持てたらと思う。」(下線筆者)

 いかにもソフトウェア開発の現場でのヒューマン・ファクターの重要性を一貫して主張してきたデマルコらしい文章で、何か自分のことを言われてるような気がして、ぐっとくるものがある。
(しかも、これは何もソフトウェアやコンピューターに限った話ではなく、クリエイティブで創造的な職業すべてに当てはまる。そしてクリエイティブでない職業なんて実は存在しない。)

 もっとも、宮仕えの悲しさというか何というか、ただ言われたことに歯向かっているだけでは仕事は進まない。そこのバランス感覚というものも必要だ。
 先の「ダンプが必要なOSを作った覚えはない」についても、色んな人のブログを見てると「これが、これからの新しい設計思想なんだ!素晴らしい!」とかただ讃美するだけのバカがいて、本当にどうしようもない。人知れず世の中を支えているLinuxシステムもあることが分かっていない。そんな人は本当にクリティカルなシステムに関わったことがない日曜プログラマなんだろうな。

2006年01月26日

SunGardの移動データセンター3

 面白い映像を見つけました。

 SunGardが運用している移動データセンターです。(iPIXプラグインが必要)

 大型トレーラーの中にデータセンターがそっくり収まっていて、災害が発生すると出動するようです。

2006年01月25日

オープンソースの品質2

以前、Linuxのビジネスユースに関して、オープンソースコミュニティーとの品質に関する認識論的切断(!?)について触れましたが、もう少し考えてみました。
私は仕事柄、海外(米国&ヨーロッパ)のソフトウェア開発者を相手にする機会があるのですが、彼らは割といい加減というか良い加減で、再現しないんならいいじゃないかとか、回避できればいいじゃないかとか良く言います。(プロセスの見直しはやって欲しいんですが・・・)

実際、ドイツなんかだと2000年問題の時も、まぁ手を尽くしてダメだったらしょうがないじゃないかというのが社会的コンセンサスになっていて、日本ほどピリピリしてなかったみたいです。
オープンソースコミュニティーの感覚に近いですね。

日本では過剰に品質を求めすぎるのかもしれません。

「ピープルウェア」や「ゆとりの法則」で有名なデマルコも、おととし日本に来た時の講演で過剰な品質は必要ないと言っていました。
「効率化しすぎると、作業が遅くなり変化にも対応できない」とトム・デマルコ氏――“デブサミ2004”開幕
「“早さ”と“クオリティー”の過剰な要求は開発者やその企業をダメにする 」なんだそうです。

デマルコに関しては、こんなブログも御参考。

ただ、ディザスター・リカバリーとか業務継続の分野だとどうなんでしょうね???

2006年01月13日

高可用性、DR/BCに関連する法律

 最近、あちこちで日本版SOX法の話題で盛り上がっているが、当然SOX法以前にもITシステムに関係してくる法律は存在する。
 "Blueprints for High Availability(BHA)"でも、可用性やディザスター・リカバリーに関連するいくつかの法律を挙げている。

(ちなみに、SOX法とは法案を提出した二人の議員の名前であるSarbanes-Oxley actの略で、正式には「Public Company Accounting Reform and Investor Protection Act of 2002: 上場企業会計改革及び投資家保護法」という長ったらしい名前の法律だ。)

  1. 1996年の健康保険ポータビリティー・アカウンタビリティー法(HIPAA)

     この法律はセキュリティーの話題で引き合いに出されることが多いが、患者のプライバシー権及び患者、手続き、保険記録に関連するデータの格納、管理、保護の方法について、患者のプライバシーとデータ保有に特別の注意を払うように求めている。

  2. 1977年の海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act of 1977: FCPA)

     この法律は、ロッキード事件のような外国の公務員への贈賄の禁止で有名。
     BHAでは、この法律で「正式なDR計画を持つことを要求している」とある。
     下の参考サイトでは「株式公開会社は情報システムに対し適切な保護をする責任がある」となってます。
    (DRについて、どこまで具体的に規定されているのか、詳細は法律の原文を読んでいないので不詳→調査中)

  3. 1934年の証券及び取引所法

    公開会社とその監査法人はすべての記録を最低7年間保管しなければならないことなどが規定されている。
    当然、データがハードディスクにあろうが災害に遭おうが斟酌してくれるはずもない。

  4. 内国税収入庁(IRS)規則71-20

    法人税の記録はそれらが関連している限り保管されなければならないと規定している。
    なお、IRS規則86-19では税務上のデータのバックアップ・リカバリーについて規定している。


参考:DR/BCに関連する法律

 これらはアメリカでの話ですが、日本で言えば1977年告示の「電子計算機 システム安全対策基準」なんかがあります。正直言って余り詳しくないので識者の方におまかせします。

2006年01月11日

『クラスタ』という名称4

 さて、よく使われている用語だが、単に「クラスタ」といっても、目的・形態によっていくつかに分類される。キャリアグレードLinuxの仕様書では以下の4種類に分類している。

1.High Availability Cluster (HAC)
2.Scalability Cluster
3.Server Consolidation Cluster
4.High Performance Computing (HPC) Cluster

1.が、単に「クラスタ」と言った場合、一番よく使われている高可用クラスタだ。2.はOracle10g RACなどの並列クラスタ、4.が科学技術計算などで使われる大規模並列クラスタ。3.は少し毛色が変わっているが、複数のノードをあたかも1台のノードであるかのように扱うことができる仮想化だ。

 「高可用クラスタ」を実現するソフトの名称だが、「クラスタ・ソフト」「クラスタリング・ソフトウェア」などと呼ばれている。新しもの好きでキャッチーな名称が好きで本質はどうでもいいと考える人たちは「クラスタウェア」などという酷い呼び方すらする。

 "Blueprints for High Availability"の著者達は、そういう名前を好まない。
「クラスタ」という名称が長年の間にマーケッティング部門によって酷使され、クラスタリング・ソフトウェアをインストールさえすれば、すぐに「高可用性」が実現でき、「ファイブ・ナイン」が達成できるかのようなセールス・トークが蔓延していると考えているからだ。

 彼らは、それを単に「フェールオーバー管理ソフトウェア(FMS: Failover Management Software)」と呼んでいる。
 つまりは、「可用性」とはすぐに結びつかない無味乾燥な純粋に技術的な言葉を使うことで、単にフェールオーバーを管理するソフトに過ぎませんよ。その他のたくさんのことをやらなければ高可用性は達成できませんよ。と言ってるわけだ。

(何しろ、"Blueprints for High Availability"のミッション・ステートメントは、「クラスタリング・ソフトウェアをインストールし設定しただけでは、高可用性は実現できない」だそうだから。)

 ちなみに、SAフォーラムの仕様書で「可用性管理フレームワーク(Availability Management Framework)」と呼ばれている実体が、FMSに相当する。
 この言葉も技術的に中立で、機能を端的に表している。